カニハゼ

カニハゼ、という和風な名前がついているわりには、日本では見られない種類のハゼです。

英語でもCrab-eye Gobyと呼ばれているとおり、背びれについた丸い模様のせいでカニのように見えます。

サイズは大きいもので5センチくらい。よく砂の上でペアでホバリングしていて、とてもかわいいやつです。

しかも近づいて観察してみると、口に砂を一生懸命詰め込んで、それをエラからせっせと吐き出してるのがわかります。

砂についた微生物を濾して食べているんですね。

見ていて飽きない魚です。

ケアンズ発グレートバリアリーフのダイビングは最北端エリアのスペシャリスト、ダイブセブンシーズへ。

記事のシェアやコメントをいただけると非常に励みになります。ゲン  (^O^)/

ケアンズのこと

筆者紹介:ケアンズのダイビングショップ「ダイブセブンシーズ」の二代目オーナー、通称ゲン。ダイビングに対する情熱はだれにも負けない自信あり。PADIコースディレクター。 ケアンズのダイビングシーンや、グレートバリアリーフのこと、その他もろもろの情報も含めて紹介しています。 ケアンズ発グレートバリアリーフのダイビングはぜひダイブセブンシーズへ。ゲンと一緒に潜りましょう!

0コメント

  • 1000 / 1000